陽電子放射断層撮影装置のことで、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー[PositronEmissionTomography]の略語です。X線 CTのような形をした「カメラ」を用いて全身や心臓、脳などにおいて、病気の原因や病巣、病状を的確に診断する新しい検査法です。

PET-CT PETカメラ

 

 検査では、まず、陽電子(ポジトロン)を放出する検査薬(おもにブドウ糖と結合させた18F-FDG)を静脈から注射します。その陽電子が、体内のブド ウ糖を過剰に摂取する細胞(代表的なものはガン細胞になります)から放出されたガンマ線を見つけ出します。それを「カメラ」でスキャンすると、その部分が 光って見えるためガンの早期発見が可能となります。

 ガン細胞は正常な細胞に比べて約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があり、その細胞の性質を利用して、PET検査では主にガン健診として利用されます。

※1)陽電子(ポジトロン)
正(プラス)の電荷をもった電子のことです。
この陽電子は、負の電荷を持つ普通の電子と互いに引き寄せ合う性質があります。
二つの電子の結合時に正反対へ放出される放射線を「カメラ」で撮影すると、その発光の様子が画像で映し出されます。

※2)18F-FDG
グルコース(ブドウ糖)に目印となる「ポジトロン核種(=陽電子放出核種)」を合成した薬剤です。
正式名称はフルオロデオキシグルコースといい、性質はブドウ糖とほぼ同じです。

※3)ガンマ線
放射線の一種でエネルギーが高く、物を透過する性質があります。


  がんは、実際に腫瘍(デキモノ)ができたり、体に変化が起きてから見つかることが多く、がん細胞の成長がある程度進んでからでないと発見できませんでした。
 しかし、がん細胞自身が光って自分の位置を知らせることが出来れば、もっと早い段階で見つけることが可能です。「がん細胞に目印をつける」というのがPET検査の大きな特徴です。
 PET検査では、がん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用します。ブドウ糖に似た物質に目印をつけて(FDG)体内 に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。するとFDGが多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。
 従来のレントゲン(X線)やCT、MRIなどの検査は形からがんを見つけますが、PET検査はこのように細胞の性質を調べてがんを探し出します。