研修制度


●新採用者を対象に年間通して、日常生活援助技術や救急医療に必要な看護技術などを習得に力を入れています。

●多重業務や急変対応などの擬似体験学習を繰り返し行います。
 

●プリセプターや学生指導などを行うために知識やノウハウを学びます。

●それぞれの役割(キャリア)に合わせて、専門性を高める成長学習を行います。
 

●安全管理や感染管理などの委員会や医療チームで専門領域の研修を開催します。

●専従・認定看護師により、きめ細やかな指導が行われています。
 

●キャリアに応じた院外研修や学会への参加を奨励し学習意欲を高めるサポートをしています。

 

●高性能シミュレーターを使用し、シナリオシミュレーション研修を段階別に行う仕組みがあります。

●【急変対応・気づきの報告・多重業務・フィジカルアセスメントなどなど・・・】

 
Copyright